保険ぷらんさる生命保険の用語集利率変動型保険

生命保険の用語集

利率変動型保険

一般的な生命保険の場合、通常は契約時に適用される予定利率が契約後に変更されることなく、将来金利環境が変化しても契約時の予定利率が適用されます。しかし、予定利率を契約時の予定利率に固定せず、金利環境の変化に基づいて、適用する予定利率を一定期間注)ごとに見直す保険も発売されています。「予定利率変動型」「積立利率変動型」「利率変動型」「利回り変動型」などの名称がついている終身保険や個人年金保険などがそれです。 適用される予定利率には最低保証があります。予定利率の見直しによって適用される利率が最低保証される利率より高く設定された場合、それに応じて最低保証される保険金額や年金額、解約返戻金などが増えます。 払い込む保険料は保険期間にわたって変わりません。

注) 有配当の終身保険は毎年あるいは3年ごと、無配当の終身保険は毎月、個人年金保険は5年ごと、など保険会社が独自に見直しの時期を定めています。

<<一覧に戻る

保険ぷらんさる会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010 保険ぷらんさる. All Rights reserved.