保険ぷらんさる社会人になった(独身の)方の保険の見直し

社会人になった(独身の)方の保険の見直し

めでたく就職して社会人になりました。経済的にも自立して、今後は自分のことは自分でしっかり考えていかないといけない年齢ですよね。

この時期は、大きく分けて2つのケースが多いです。
1つは今まで親に保険料を負担してもらって保険に加入しているケース。もう1つは保険に加入していないケース。

まず、前者の親が保険に加入してくれているケースですが、一度自分の保障を確認することをおすすめします。加入している保険商品によっては、高額な死亡保障が掛け捨てでついていたり、医療保険が古いタイプであったりするケースが多いようです。
次に、後者の保険に加入していないケースは、自分にあった必要最低限の保険に加入するのをおすすめします。

この社会人になった独身時は、保険に関わる危険が多い時期でもあります。社会の知識がまだ不十分のため、安易にムダな保険に加入してしまったりします。(後々、後悔するんですけどね・・・)

 

社会人になった(独身)の方の保険の見直しポイント
・保険料を払っていけるか?
保険料は定められている期間ずーっと払っていかないといけません。毎月の収入から無理なく払い続けることができるかは考えて。
・その保障が本当に自分に必要かどうか?
加入しようと思っている保障の内容は自分の目的とあってないといけません。本当にあっていますか?

 

おすすめの生命保険の一例

保険商品 目的 保障金額の目安
医療保険
(ご本人)
ご自身の病気やケガへの備え 入院日額
5,000円〜10,000円程度
がん保険
(ご本人)
ご自身のがんへの備え 入院日額
10,000円程度
終身保険(ご本人) 死亡保障と貯蓄を兼ねて若いうちに加入する 死亡保険金額
500万円〜1,500万円程度
生命保険の見直し相談受付中
無料相談のお申込みはこちら
ライフステージ別の保険の見直しについて
社会人になった(独身の)方 社会人になった(独身の)方

社会人になったら、自分のことは自分で考えないといけません。保険のこともしっかり考えましょう。

結婚された方 結婚された方

結婚すると家族ができます。独身の時に入った保険の見直して新しい家族のために考えましょう。


退職された方 退職された方

退職すると今までと違い生活環境が変わるますので、豊かな老後を過ごすためにも準備をしましょう。

社会人になった(独身の)方 働いている女性の方

働く女性は色々心配があります。保険でカバーできることはきっちり保険でカバーをしておきましょう。

保険ぷらんさる会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010 保険ぷらんさる. All Rights reserved.