保険ぷらんさる結婚された方の保険の見直し

結婚された方の保険の見直し

めでたく就職して社会人になりました。経済的にも自立して、今後は自分のことは自分でしっかり考えていかないといけない年齢ですよね。

結婚すれば、家庭を持つことになります。独身時代の気軽な身分とは違い、将来を共にしていく人ができ、責任も増えることになります。また、配偶者ができたことで国からの社会保障ももらえるようになりますので家族のことを考えた保険にしておく必要があります。

まずは、独身時代にそれぞれが加入していた保障内容が、どこまで家族のことを考えた保障になるかを、まずファイナンシャルプランナーに相談してみてください。多くは、見直しする必要があるところとそのままにしておいたほうがいいところと明確に分かれてくると思います。

 

結婚された方の保険の見直しポイント
・今後のライフイベントをどう考えているか?
今の保険が今後想定されるライフイベントに対して柔軟に対応していくことが出来るようにしておく必要があります。
・今の家族構成にあった保障金額になっているか?
大きく分けて3つの家族構成に分かれます。2人で共働き、ご主人が働いており奥様が専業主婦、もしかするとすでに奥様のお腹にお子様がいる場合と。それぞれで状況が違うことで保険の見直しのポイントは変わってきます。
・国からの保障を考慮して合理的な保障になっているか?
すべての保障を民間の保険会社の補う必要はありません。保険料は月々負担しなければならないのでムダなく合理的に保障をつける必要があります。

 

おすすめの生命保険の一例

保険商品 目的 保障金額の目安
医療保険
(ご主人・奥様)
ご自身の病気やケガへの備え 入院日額
5,000円〜10,000円程度
がん保険
(ご主人・奥様)
ご自身のがんへの備え 入院日額
10,000円程度
定期保険/収入保障保険/終身保険(ご主人・奥様) 死亡保障が必要であれば掛け捨てタイプで。
最低限の保障が必要であれば貯蓄タイプで
死亡保険金額
500万円〜3,000万円程度
生命保険の見直し相談受付中
無料相談のお申込みはこちら
ライフステージ別の保険の見直しについて
社会人になった(独身の)方 社会人になった(独身の)方

社会人になったら、自分のことは自分で考えないといけません。保険のこともしっかり考えましょう。

結婚された方 結婚された方

結婚すると家族ができます。独身の時に入った保険の見直して新しい家族のために考えましょう。


退職された方 退職された方

退職すると今までと違い生活環境が変わるますので、豊かな老後を過ごすためにも準備をしましょう。

社会人になった(独身の)方 働いている女性の方

働く女性は色々心配があります。保険でカバーできることはきっちり保険でカバーをしておきましょう。

保険ぷらんさる会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010 保険ぷらんさる. All Rights reserved.