保険ぷらんさる働いている女性の方の保険の見直し

働いている女性の方の保険の見直し

近年、女性のライフスタイルは多様化しています。経済的に自立している人や、結婚後にご主人と一緒に家計を支えている人など多岐にわたります。それぞれの目的に合わせて、保険のプランニングがますます必要になってきました。

 

■シングルの方
独身の間は大きな死亡保障がまず必要ないと考えられます。ただ、自分が死亡した際にどういった費用が必要になってくるかを考えた上で、最低限の死亡保障には加入をおすすめします。
例えば、ご自分が死亡した際の葬祭費用などですね。あと、場合によっては両親等を扶養している方がいらっしゃいます。そういった場合には、自分が死亡した際に収入が途絶えてしまいますので両親等の生活費をまかなうためにも死亡保障が必要になります。

 

■結婚している方
結婚している場合の考え方は、奥様の収入が現在の家庭の中で、どういったウエイトを占めているかが重要になります。例えば、生活費やローンの支払に当てられているのであれば、万が一の時には残された家族は経済的に困ってしまう可能性があります。

次に必要なのが、シングルの方も結婚している方も同じように病気、特に女性特有のご病気に備えて医療保険への加入をおすすめします。

 

働いている女性の方の保険の見直しポイント
・女性特有の病気に手厚くなっているか?
女性用の医療保険では、一般の医療保険に比べて、女性特有の病気についての手厚い保障がついています。
・それぞれの家庭にあわせた必要保障額になっているか?
同じ働いている女性でも、人それぞれ必要な保障額は変わってきます。ご自分、ご家庭にあった保障を設定しておきましょう。

 

おすすめの生命保険の一例

保険商品 目的 保障金額の目安
医療保険
(ご本人)
ご自身の病気やケガへの備え 入院日額
10,000円〜15,000円程度
がん保険
(ご本人)
ご自身のがんへの備え 入院日額
10,000円程度
終身保険(ご本人) 死亡保障と貯蓄を兼ねて若いうちに加入する 死亡保険金額
500万円〜1,500万円程度
定期保険/収入保障保険(ご本人) 万が一の場合に、ご両親やご家族のために 死亡保険金額
500万円〜3,000万円程度
生命保険の見直し相談受付中
無料相談のお申込みはこちら
ライフステージ別の保険の見直しについて
社会人になった(独身の)方 社会人になった(独身の)方

社会人になったら、自分のことは自分で考えないといけません。保険のこともしっかり考えましょう。

結婚された方 結婚された方

結婚すると家族ができます。独身の時に入った保険の見直して新しい家族のために考えましょう。


退職された方 退職された方

退職すると今までと違い生活環境が変わるますので、豊かな老後を過ごすためにも準備をしましょう。

社会人になった(独身の)方 働いている女性の方

働く女性は色々心配があります。保険でカバーできることはきっちり保険でカバーをしておきましょう。

保険ぷらんさる会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2010 保険ぷらんさる. All Rights reserved.